体験談」タグアーカイブ

インターンシップ体験談③

私の友人の友人となるKちゃんにお願いしてワーキングホリデー中に行ったインターンシップ体験談を書いてもらいました。

私はオーストラリアに1年間ワーキングホリデーで行ってきました。
私は大学を卒業して某ホテルグループのフロントマンとして3年働いていました。仕事は楽しく先輩後輩共に恵まれていたのですが、上司と結婚前提に社内恋愛をしていたものの色々あって別れてしまい、社内に居づらくなってやめてしまいました。
オーストラリアでワーキングホリデーを決めたのは、失恋を機に海外でのんびりとしたいと考えたことです。
初めの半年はのんびりと暮らしながら、シドニー・ブリスベン・シドニー・メルボルン・アデレードと移動しました。かなり貯金もあったけど、何もしないというのも楽しくなかったので、バックパッカーの宿で知り合った日本人に誘われて、たまに農場でのピッキングのバイトをしていました。
アデレードに移ってきてからピッキングの仕事以外に何かないかなと探していた時に、同じ宿に居た日本人からホテルでのインターンシップの仕事があることを聞き「やってみよう。」と思い、直ぐに応募しました。
先方からの返事は直ぐにあり面接までしたのですが、働けるのは2週間後ということでその間はエアーズロックへ行ったりパースへ行ったりと観光して時間をつぶしました。
2週間の観光を終えて、働きだしたホテルでは、ベッドメイキングと室内清掃を担当しました。
ベッドメイキングはコツがいる仕事でコツがわからない間は筋肉痛になるくらい大変でした。室内清掃は掃除好きということもあってそこまで大変ではありませんでしたが、スピードを重視しないといけずそこが苦労した点です。
給料面はワーキングホリデーなので、フルタイムで働けなかったので時給制で時給約14ドルをもらっていました。部屋に入るとベッド脇などにチップが置かれていることがあり、少ないときだと1ドルか2ドルで多いときだと10ドルということもありました。私の居たホテルではチップは集めて全員で均等割りをしていたので、チップを丸々もらえるわけではありませんでした。しかし、それでも少ないときで昼食代くらいにはなっていました。また宿に関しては期間中はホテル内に従業員宿泊用の部屋がありましたので宿代はかかりませんでした。
あまり長い時間働けなかったものの、贅沢をしなければ給料はほとんど使うことがありませんでした。おかげで3ヶ月で3000ドルを貯金することが出来ました。
仕事は中学生程度の日常英会話で問題なく出来ましたし、1週間もすればコツを覚えてラクにこなえました。またアットホームなスタッフに囲まれ、ワーキングホリデーじゃなければ、働く期間を延長したかったくらいです。

インターンシップ体験談②

Facebookで海外インターンシップのサイトを立ち上げたことを書き込むと高校時代の友人がアメリカで海外インターンシップに参加したことを教えてくれ、『体験談を書いて』とお願いしたところすすんで書いてくれましたので紹介します。

T君はアメリカのIT企業で働いています。しかもインターンシップ先となった会社で、社員として働いています。

僕は日本の大学でIT系の学部で4年間勉強しました。4年間ずっと勉強に忙しかったというわけではないのですが、アルバイトは家庭教師と夏休みや長期間の休みがある時はイベントスタッフをしていました。社会経験は、アルバイトくらいでした。
海外インターンシップに参加しようと思ったのは、ちょうど3年生になり周りが就職活動を始めたころ、この海外インターンシップというプログラムを知りました。4年生になってから休学して行くことも考えたのですが、留年や休学は就職にひびくという噂が学内にあったことから、卒業してからプログラムに参加することにしました。また親の仕事の都合で幼稚園から小学校低学年まで4年間アメリカで過ごしたことがあったことが少なからず海外への憧れがあったのかも知れません。
海外インターンシップへ行こうと決めたのが3年生の夏だったこともあり、英語の勉強にあてることが出来ました。
海外インターンシップには3ヶ月弱の短期でいけるものと、3ヶ月以上で給料が発生する長期でいけるものとあります。はじめは短期で考えていたのですが「そのまま働いても良い。」という気概で6ヶ月の長期プログラムで参加しました。
研修先の企業は、希望していた通りアメリカにあるIT企業で主にウェブサイトを制作している会社でした。会社内は原則として英語でしたが日本人向けサイトも制作している会社なので、アメリカ人スタッフの中に日本人スタッフも働いていました。研修先で僕が担当したのはアメリカ国内に住む日本人向け情報サイトの飲食やアミューズメント関連のコンテンツでした。はじめは主にデータ入力だったのですが、長期インターンシップということもあってか3ヶ月を越えたあたりから任せてくれる仕事の範囲が増え、最終的にはコンテンツ内における季刊ページを企画からデザインまでさせてもらえました。
研修先の会社では社員はフレキシブル制となっていましたが、僕のようなインターン生やアルバイトは始業時間が朝9時で終業時間が夕方6時と決まっていました。なお1時間の休憩はいつとっても問題ありませんでした。仕事に対する考え方はとても厳しかったのですが、社風や時間などはゆるくあまりストレスを感じることはありませんでした。
研修先の会社で苦労したことは、大学でITを学んでいたことや前もって英語を勉強していたこともあって基本的には不自由がなかったのですが、会議に出席すると聞き慣れないIT用語が多くて、それを直訳すると意味のわからないことになっての繰り返しでした。
アメリカ生活は幼少期に過ごしていたとはいえ、慣れるのに1ヶ月はかかりました。でも慣れると過ごしやすく、テレビや映画のイメージとは違って、親切な人も多かったのが印象に残っています。
総じて僕には良い経験になりました。迷っているなら試してみる価値があると思います。

インターンシップ体験談①

私は大学を卒業してからずっと大阪でブライダル関連の仕事に就いていました。ブライダル関連の仕事に就いた理由は、大学のテニスサークルの2つ上の先輩であるYさんに「人手が足りなくて…」と誘われたのがきっかけです。憧れて入った会社ではなかったのですが、高校時代からアルバイトは飲食業やサービス業で働いた私にはブライダルの仕事が性にあっていたようです。

会社では、責任のある仕事を任され充実した日々を過ごしていたのですが、従兄弟のハワイ挙式に列席したときに「海外での挙式は良いな。」と、ふと思いました。それからの私は将来のために海外挙式について、あれこれ調べていました。はじめは将来の私自身の花嫁姿を想像していたはずだったのに、ミイラ取りがミイラになるという言葉が正しいかわかりませんが、「海外で挙式がしたい。」ではなく、いつしか「海外のブライダルを学んで働きたい。」といったように考え方が変わってしまいました。

そこでいろいろ調べていると「東南アジアが良いのではないか」と思いました。東南アジアは世界的に見ても国民の平均年齢が低く、高齢化社会となっている日本と比べると、ブライダルビジネスはこれからだと思いました。

「じゃあ東南アジアで起業するにはどうすれば良いか」と思い、現地で働きながら勉強が出来ないかと悩んでいたところ、海外インターンシップという制度を知りました。

その制度を知ってからは、迷うことなく会社へ辞表を提出し、8年間働いた会社を1ヶ月後には辞めてしまいました。

いくつかの留学斡旋会社へ行き、ブライダル関係で東南アジアとなるとタイなら海外インターンシップで受け入れてくれる会社があるとのことで『タイ』を選びました。

インターンシップ先となった会社は、主にタイ国外からの利用者に対してリゾートウェディングをプロデュースしていました。もちろん日本人のお客様も居られました。
私を指導してくれたのは2つ下のタイ人の女の子でした。彼女は英語がペラペラで日本にも1年留学していたようで日常会話くらいなら日本語が話せました。おかげで仕事の大半が英語だったのに何の不自由もなく、日本で培った経験を生かしながら働くことが出来ました。

インターンシップ先の会社がタイ国内向けではなかったものの、現地では他社の日本人同業者とも知り合えました。彼らから東南アジアのブライダルビジネス事情を聞け、とても勉強になりました。

インターンシップの3ヶ月間を終えて帰国した今は、他社の日本人同業者に紹介してもらったインドネシアのブライダル会社で働くための準備期間中です。