インターンシップ」タグアーカイブ

インターンシップ体験談⑥ 福岡 フリーター 25歳 女性

—————–
投稿者:ヒカルさん
年齢:25歳
性別:女性
職業:フリーター
出身:福岡
—————–

私が利用したインターンシッププログラムは、インターンシッププログラムが終われば私が希望すれば就職が出来るという特別なプログラムでした。このインターンシッププログラムの期間は7ヶ月弱で新卒者や第二新卒者向けにベトナムの人材紹介会社が行っているプログラムでした。(実験的に行われていたようなので2018年の募集は行われていないようです。)
初月から500$の給料が出て別に家賃補助がついているので、ベトナムで過ごす分には支障はきたしませんでした。ただ貯金をするには難しいとは思いますが、遊びに行っているのではないので十分だとも思います。
プログラムが始まったのは2017年9月からでした。このプログラムは利用者側の負担は航空券ぐらいで、他は会社側が払ってくれるというものでした。しかし、無料には無料なりの理由がありまして、それは月に1回のレポート提出とプログラム参加者同士の交流会への参加が必須でした。他のインターンシッププログラムに参加したことがないので、他がわかりませんが、私にとっては交流会への参加が結構苦痛でした。ただ現地の人材紹介会社が行っていることから、無料で受けられるサービスが充実しているので、それはそれで良い点でもあると思います。
例えば、空港の送迎サービス、ベトナム生活や就職の相談、旅行関連(電車のチケットなど)の手配などです。
私が働いた企業はベトナムでフリーペーパーを発行する会社で、タウン情報や旅行情報を扱っていたのでハノイやホーチミンに詳しくなりました。そして今月よりインターンシップ先で正社員として勤務を開始しました。

インターンシップ体験談⑤ 東京 大学生 22歳 男性

読者からインターンシップ体験談を投稿いただきました。

—————–
投稿者:タカシさん
年齢:22歳
性別:男性
職業:大学生(東京)
出身:大阪
—————–

こんにちは、タカシです。
私がインターンシップを決めたタイミングは、普通の人とは変わっていると思います。
私は3年生から就活を始めたのですが、このまま大学を卒業して会社員として働くことに対するビジョンが思い描くことが出来なかったので、エントリーシートを出す前に4年生から休学してオーストラリアへワーキングホリデーへ行くことを決めました。
大学が英文科なのと、小学生時代から地元のECC英会話スクールに通っていたので英語は得意だったこともあり、オーストラリアで苦労することがありませんでした。しかし、ワーキングホリデーでやっていることは、日本で学生やっていることとあまり変わりませんでした。ただ大学で講義を受けていないだけでした。そんな毎日が続くと思うと、一気に不安になって、自分探しのつもりで来たはずなのに、もっと将来の自分像を見失ってしまうのではないかと考えるようになりました。
語学学校に通うことも考えたのですが、今更語学学校に通ってもって思っていたところに、このサイトを見つけインターンシップに興味を抱き、インターンシッププログラムを探して応募したのがきっかけです。
行き先は海が近いところが良いと思ったのでタイのパッタヤーにある不動産屋に決めました。
参加したプログラムは6ヶ月と長かったので様々な経験をさせて頂きました。普通に働いている人と変わらないような体験ばかりで非常に勉強になることが多かったです。日本に帰るのは嫌ですが、帰ったら就活を始めようと思います。
同級生と比べると1年遅れていますが、この経験を糧に十分挽回が出来ると信じています。

インターンシップ体験談④ 京都 大学生 21歳 男性

読者からインターンシップ体験談を投稿いただきました。

—————–
投稿者:ノボルさん
年齢:21歳
性別:男性
職業:大学生
出身:京都
—————–

私は京都にある私立大学に通う大学生です。
3回生になってから1年間の休学をして、フィリピン・セブ島にある語学学校「クロスロード」に3ヶ月間語学留学をしてから、ハノイにある日系人材紹介会社へインターンシップをしました。
私が通っていた語学学校でも就職を斡旋してくれるようですが、語学留学へ行く前からインターンシップサイトでインターン先を見つけていたので、語学学校のプランを利用することはありませんでした。
私がインターンシップ先に人材紹介会社を選んだのは、将来就職活動をする際に役立つと考えたからです。それは、インターンシップ先の企業側の考えだけでなく、人材紹介会社を利用している企業様の考え方がわかるようになるのではと考えました。雇用企業様の考えや視点がわかれば、企業側が欲しがる人材を理解することが出来ます。これらが理解出来れば、今後私自身のキャリアを形成していく中で、どのようなステップを歩んで行けば良いかや、目標が明確にすることが出来ます。
またベトナム ハノイを選んだ理由は、大学の部活の先輩が駐在員として赴任されていること、志望企業の一つがハノイに進出していたことが理由として挙げられます。
実際にハノイでインターンシップをした経験としては、非常に良かった反面迷いが生じたのも事実です。
非常に良かったことは、ハノイにある日系人材紹介会社が、ベトナムで10年以上も人材紹介会社を経営していることから日々多くの求職者と接することができました。求職者は日本人だけでなくベトナム人や、外国人がいて、常に求職者の視点を身近に感じられたことです。テレアポは嫌でしたが、何度か一人で営業に行かせても頂け、企業様の生の声(特に採用担当者)が聞くことが出来て目的にしていたことが、ほとんど得ることが出来ました。
迷いが生じたことは、大きな迷いは2つです。1つは海外就職(特にベトナム)もありだと思ったことです。インターンシップをするまでは、大学生活終わったら旅行であっても、海外へ行く機会はないだろうし、ましてや長期なんてありえないと思っていたのですが、街中を歩いていると肌で感じる熱気のせいでココで働きたいという衝動が湧いてきてしまいました。生まれてからずっと京都市内の学校以外には通ったことがなく、また大学を卒業したら京都で働くことが当たり前だと思っていたのにです。
もう1つは、人材紹介会社の仕事が楽しく、人材紹介会社で働くことも悪くないのかと考えるようになりました。人と接するのは好きなのですが、理系人間でPCオタクなのでIT企業しか志望していなかったので、これは自分の中でも新しい発見でした。
復学までしばらくあるので、親や友達、先輩に相談しながら、今後の就職先を考えようと思います。

私はインターンシップで素晴らしい経験を得ることが出来たので良い選択でした。